東京常勤看護師の求人紹介が多い転職支援会社




残業のこと

看護士は人間を相手にしている職業なので、やむを得ず時間どおりに仕事を終わらせることができない場合も出てきます。
残業には、基本的に残業手当がつきますが、超過勤務すべてに手当がつくわけではありません。

■残業の実態
超過勤務をした看護士は8割弱いて、その超過勤務時間の平均は12時間を越えています。
残業の理由も、患者さんのフォローや症状の研究のほか、管理的な立場での業務もあります。
一般的な労働者の月間所定労働時間は、女子は5時間ちょっと、男子は14時間ちょっととなっていて、一般の女子よりは、長く残業していますが、男子よりは短いというデータもあります。


同ジャンル関連ページ