東京常勤看護師の求人紹介が多い転職支援会社




収入のこと

■初任給
看護士の初任給は一般事務よりも高いです。
3年過程新卒でみると看護士の平均初任給は約25万円で東京は特に高いようです。
しかし、看護士の職務や責任の重さ、夜勤や準夜勤などの長い時間にわたる深夜労働が含まれていることを考えると、必ずしも労働に見合った収入と言えないのが現実です。
収入の現状については、過半数の看護士が満足していないとの意見があり、より条件のいいところへ転職したいと考えているようです。

■夜勤手当
夜勤には、基本給のほかに、夜勤手当があります。
深夜に長時間続けて働かなければならないことを考ると満足いく夜勤手当がつく方が少ないのが現実。
看護士の待遇はまだまだ改善すべき点がたくさんあるようです。

■勤続年数や職位によってかわる給与
看護士の給与は、勤続年数や年齢、職位、働く場所などによっても変わってきます。
基本的には、年齢を重ねればその分キャリアも積まれていくわけですから、年齢によって給料が上がっていくのは当然といえるでしょう。
また、看護士とひとことでいっても、その働く環境や仕事の内容は多岐にわたっています。
数えきれないほどのパターンが出てきます。
給料の額も、そのパターンに応じて変わってくるのです。


同ジャンル関連ページ