残業のこと

夜勤

看護士は人間を相手にしている職業なので、やむを得ず時間どおりに仕事を終わらせることができない場合も出てきます。
残業には、基本的に残業手当がつきますが、超過勤務すべてに手当がつくわけではありません。

■残業の実態
超過勤務をした看護士は8割弱いて、その超過勤務時間の平均は12時間を越えています。
残業の理由も、患者さんのフォローや症状の研究のほか、管理的な立場での業務もあります。
一般的な労働者の月間所定労働時間は、女子は5時間ちょっと、男子は14時間ちょっととなっていて、一般の女子よりは、長く残業していますが、男子よりは短いというデータもあります。

関連記事

コメントは利用できません。
転職支援会社ランキング
ナース人材バンク
ナース人材バンク看護師求人
年間10万人が利用!転職実No1
あなたに代わって交渉力が強い
大学病院・総合病院の非公開求人多数
看護のお仕事
看護のお仕事
国立病院・大小病院の非公開求人多数
きめ細かない転職支援が評判!
オープンな求人と交渉力が強い
マイナビ
マイナビ看護師求人
細かな要望に丁寧・迅速サポート
企業求人・大小病院の求人多数
利用者の満足度業界トップクラス
ページ上部へ戻る