東京で働く看護師の現実

休日の過ごし方

休日の過ごし方

夜勤や準夜勤などハードな勤務形態の看護士ですが、休日は、休息をとるだけでなく趣味につかったり、旅行したり色々な過ごし方をしています。
務めて間もない時期は、まだ新しい生活に慣れなかったり、疲れがたまったりして、身体を休めることだけに使われることが多いようです。

でも、普通のOLと同じように休みを自由に使っている看護士はたくさんいます。
オンとオフを上手に切り替えてリフレッシュすることは、職場で生き生きと働くためにも大切なポイントです。

また、休みが平日であることも多いので、友達となかなか一緒に遊べない、デートの約束ができないといった悩みも耳にします。
その反面、買い物では、すいていることが多いのでゆっくり見て回れるメリットはありますよ。
お盆や正月もずらして休みをとるので、交通機関の混雑に合わずにすむといったメリットもあります。