看護師転職 待遇別

高給与の病院

高給与病院

給与額は勤務先によって大きく変わり、同じ仕事内容なのに給与額が違うということも珍しくありません。
もちろん高給与だからといっても、仕事が忙しくてサービス残業も多いなどの悩みも出てくるでしょう。

なので「仕事内容と給与のバランスを重視するのか」「若いうちに多く稼ぐ」など目標を決めて転職活動を行うと良いかもしれません。

高給与転職先ランキング

以下では看護師の高給与転職先をご紹介しています。
ボタンをクリックし転職支援会社で簡単な無料登録後に求人を確認することができます。

求人は転職支援会社によっても違い、また同じ求人でも待遇が違うことがあります。

複数のサイトに登録をするのは少々手間がかかりますが、自分の希望する好条件な求人を見つけるのに必要な作業ですので手を抜かず行いましょう。

1位.企業看護師

看護師が転職したい勤務先No.1の企業看護師。
企業看護師は主に「企業医務室」「治験コーディネーター」「クリニカルスペシャリスト」の3つに分けて給与が違います。

  • 企業医務室:平均年収400~500万
  • 治験コーディネーター:平均年収400~800万
  • クリニカルスペシャリスト:平均年収450~550万

治験関連の仕事を行う治験コーディネーターが一番高給与な勤務先だといえます。
管理職などになれば、年収1000万円を超えることも可能なので高給与を希望する看護師にとってはぜひ転職したい勤務先ですね。

加えて夜勤がなく土日休みもしっかり取れるので、病院勤務のように「急に休みが潰れた」ということもあまり起こりません。

しかしこれだけ厚待遇な職場ですから、転職するのもなかなか難しいです。
看護師転職支援会社のアドバイザーとしっかり連携をとりながら転職活動に挑みましょう。

2位.総合病院

全国の看護師の初任給が一番高い勤務先といわれる総合病院。
総合病院は夜勤もあるのでハードではありますが、その分高給与の勤務先だといえます。

民間や国公立に関わらず、大きな総合病院なら比較的高給与ではありますが、高給与がなのは夜勤が多いからなので、ボーナスも多いというわけではなく平均と思った方が良いでしょう。

しかし総合病院はスキルを身につけることができるので、スキルアップも希望する方はおすすめです。

3位.大学病院

総合病院に次いで大学病院も高給与の勤務先だといえます。
例えば、文部科学省によると平成22年度で一番平均年収が高い大学病院が大阪大学で555万円という結果がでています。

また給与だけではなく教育制度もしっかりとしているので、看護師としてのスキルアップも期待できます。

しかし高給与・スキルアップが期待できる大学病院ですが、中途採用での求人数が少ないというデメリットもあります。
基本的には新卒採用を重視しているため、中途採用の求人数が少ないようです。

なので大学病院に転職したい場合は、転職支援会社のアドバイザーに大学病院に転職したい旨を伝えましょう。

4位.民間介護施設

老人ホームなどの民間介護施設で、特に有料の老人ホームは高給与です。
有料老人ホームの入居費用からもわかるように、かなり高級志向ですのでその分給与も高くなります。

仕事の内容も基本的には入居者の体調管理なので、病院に比べて仕事内容が楽だといわれています。
当然、夜勤や残業も少ないので、夜勤が辛くて転職がしたいと考えている看護師や家庭や育児と仕事を両立させたい看護師におすすめです。

また、デメリットを上げるなら「役割や責任が大きい」「看護師以外の仕事もしなくてはいけない」というところでしょうか。
病院と違い医師が常駐しておらず、多くの施設では看護師が一人だけということは少なくありませんから、役割や責任が大きくなることは当然のことです。

では、具体的にはどれくらいの給与なのか。
東京都にある有料老人ホームの求人情報によると、常勤正看護師は月30万円(基本給26万円+諸手当)にボーナスが基本給2か月分の52万円で、年収にすると412万円以上となります。

もちろん施設や看護師の経験年数によっても違いますが、老人ホームの看護師の給与の相場が350万円~450万円のようです。
なかには夜勤がなくても年収500万円を超える施設もあります。

5位.訪問看護

高齢化が進む社会の中で年々需要が増えてきている訪問看護。
看護師の数もまだ多くないのでニーズのかなり高い転職先です。

病院勤務だとなかなか難しい土日休みや夜勤なし、残業なしという待遇も可能で、プライベートと仕事を両立しやすい勤務先だといえます。
給与も、夜勤や残業がなくても平均年収400~500万円と一般的な看護師と変わりません。

ただし訪問看護は看護師の仕事以外にも入浴介助や食事介助など介護士のような仕事行わなければならず、肉体的にハードになりますのでその点は注意が必要です。

体力に自信がないなぁという方にとっては少し続けるのが厳しい勤務先といえます。

6位.精神科・精神科病院

精神科病院で働く看護師の平均年収は450~480万円ほどで、月収にすると25~35万円です。
看護師自体の平均給与額と大きな差はありません。

しかし精神科病院といっても認知症の患者が多い療養や介護系に近い病院から、病気により暴力的になってしまう患者もいる病院まであります。
後者のような病院は危険手当が高額になるので高給与になりますが、危険性もそれほど高くなりますので注意しましょう。

身の危険も考慮すると、どちらかといえば女性よりも男性の方がおすすめだと言えます。

7位.美容クリニック

クリニックに転職する20代前半から30代前半の看護師は非常に多いです。
病院と違い夜勤がなく固定休なので規則正しい働き方ができるのが魅力です。

しかし夜勤や残業がほとんどない分給与も少なくなり、クリニックでの平均年収は260~340万円ほどとなっています。

もちろんクリニックよって給与額は違うのですが、残業時間がどれくらい認められているかや残業代・手当てがいくらかをあらかじめチェックしておくことで、高給与で働くことも可能です。

8位.一般病院

一般病院は各病院によって給与が全く違いますので明確な基準というものがありません。
大学病院よりも高給与な病院もあれば、なかなか厳しい待遇の病院もあります。

転職の際は事前にしっかりと情報収集をしておきましょう。

高給与求人の多い看護師転職支援会社

ナース人材バンク

オススメ度
★★★★★
求人数 100,000件以上
対応エリア 全国
特長 ・老舗の大手看護師人材紹介会社
・年間利用者数10万人越え
・求人のバリエーションも豊富
・大手/地方どちらの病院とも繋がりが強い
・全国に拠点があるので地方でも相談に通いやすい