閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

カテゴリー:食品会社偽装事件

有名ホテルに続き、有名百貨店での食材偽装表示が発覚。新宿伊勢丹や日本橋三越など9施設のレストランの一部でメニュー表示と異なる食材を使って料理を提供していました。バナメイエビを芝えびとしたり、モンブランケーキのくりを欧州産としていなが…

2013年10月22日に、阪急阪神ホテルズで運営する4都府県のホテルやレストランで、メニューに「鮮魚のムニエル」と書かれているものに、実際は冷凍した魚を使うなど表示と異なる食材を使用してお客に料理を提供していたことが判明。(写真…

中国産冷凍ウナギの輸入元をイトーヨーカ堂から別の会社に改ざんして転売したとして食品衛生法違反(偽装表示)の疑いで、イトーヨーカ堂の元食品海外担当マネージャー・石原荘太郎容疑者や現役の食品海外担当社員・大嶋由紀容疑者ら6人が逮捕されました。…

2009年10月9日、福岡県でコメ産地偽装による、産地不明や別産地のコメを「岩手県産あきたこまち」と偽装表示して販売したコメ卸業者のハラグチ(北九州市)に日本農林規格法に基づく改善指示が出された。不正販売したコメは計訳210トン…

一段落したと思えた汚染米事件は、三笠フーズから長年にわたり同社から裏金を受け取っていた被害者の立場である美少年酒造が経営破たんしました。発表によると三笠フーズ(大阪市)の汚染米不正転売事件で同社の関連会社「辰之巳」から緒方社長が個人…

取引先従業員の写真を生産農家と偽ってパッケージに印刷するなどし、中国産のタケノコを国産と偽装し販売したとして農林水産省からJAS法に基ずき是正指示を受けていた農産物製造卸会社「たけ乃子屋」が自己破産することが09年1月6日に分かりました。…

タケノコなど中国産の農産物を国産と偽って販売していたとして、農林水産省は16日農産物加工会社のたけ乃子屋(愛知県一宮市)と、同社の偽装工作に関与していた4事業者に日本農林規格(JAS)法に基づく改善指示を出しました。たけ…

中国産ウナギかば焼きの産地偽装事件で、中国産かば焼きを国産と偽って仲卸業者などに販売したとして、水産卸会社の魚秀社長、中谷彰宏容疑者ら5人が不正競争防止法違反(虚偽表示)罪で起訴されました。社長らは起訴事実を認めています。兵庫、…

伊藤ハムは、千葉県柏市の工場で基準値を超えるシアン化物イオンと塩化シアンが検出された井戸水を使用してソーセージとピザ13品目、約267万袋を製造していました。商品267万袋は回収するとされています。シアン化物が検出されてから一ヶ…

三笠フーズは汚染米の不正転売で、宮崎元顧問が経営する別の会社に汚染米をいったん売却した後、買い戻して再転売していたようです。三笠フーズは、政府から汚染米を1キロ当たり約9円で購入したものを、再転売するときには、食用として…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る