閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

カテゴリー:牛肉偽装事件

焼肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で、発生した手段中毒で、富山、福井両県警の合同捜査本部は5月6日、業務上過失致死容疑で、チェーンを運営する金沢市の「フーズ・フォーラス」本社や富山、福井県の店舗、ユッケ用の生肉を降ろしていた納入業者「大和屋商…

牛肉偽装事件とは、2001年からBSE対策事業の一環として行われた国産牛肉買い取り事業を悪用し、複数の食肉卸業者が輸入牛肉を国産牛肉と偽り補助金を詐取した事件です。牛肉偽装に関してはこの他、販売店における産地偽装などが発覚し、食…

食品の偽装表示が起こった背景にはBSE(牛海綿状脳症)による食肉業界の不振があげられますが、不正が発覚した事業者の中には偽装はミートホープのように20年以上も続いていたなどと供述しているものもありました。産地など消費者に是非がわ…

食肉卸の丸明、前社長逮捕 岐阜県養老町の食肉卸販売業「丸明」による飛騨牛偽装表示事件で、飛騨牛の肉質等級を実際より格上に偽装して販売した疑いが強まったとして、吉田明一前社長ら数人を6日にも不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕…

07年12月から今年1月にかけて発生したギョーザ中毒事件で中国が新しい見解を発表したのでまとめてみます。中国製ギョーザ中毒事件に監視、中国当局が08年8月28日日本外務省に、08年6月に中国でも発生者中毒事件でギョーザに入っていた毒…

ブラジル産の鶏肉を国産と偽り、千葉県浦安市の小中学校の給食用に納入したとして、浦安署は08年7月9日、不正競争防止法違反の疑いで、東京都江戸川区下篠崎町の食肉卸小売業「山形屋」と奥山社長(65)を千葉地検に書類送検しました。…

ミートホープ偽装事件 元社長が偽装を認める 不正競争防止法違反と詐欺罪の罪に問われた元社長の初公判08年1月28日に食肉加工販売会社「ミートホープ」の食肉偽装事件で、偽装表示と詐欺の罪に問われた元社長、田中稔被告の初公判で起…

給食に偽装牛肉 豪州産を国産-丸亀・三豊の業者2007年7月25日四国新聞の発表によると香川県丸亀市内の精肉店が昨年12月から今年1月にかけ、オーストラリア産を国産と偽って、1トン余の牛肉を丸亀市学校給食会に納入していたことが判明。…

このところ従業員や取引業者等による内部告発(ホイッスルブロー)を契機に、消費者の安全に重大なかかわりをもつ企業の不祥事がつぎつぎと発覚しています。BSE対策から企業利益を守ろうとする身勝手な企業姿勢が偽装を招くBSE 対策の国産…

日ごろ何気なく口にしていた牛肉ですが、牛肉にも国産、国外とそれぞれ牛肉の質や味も変り、製品化された後の表示なども違ってきます。牛肉についての知識をまとめていますので、一度ゆっくりご覧下さい。牛肉の概要食用に処理されたウシの肉をい…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る