閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

福岡県でコメ産地偽装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年10月9日、福岡県でコメ産地偽装による、産地不明や別産地のコメを「岩手県産あきたこまち」と偽装表示して販売したコメ卸業者のハラグチ(北九州市)に日本農林規格法に基づく改善指示が出された。

不正販売したコメは計訳210トンに上り、県内のコメ偽装事件として業者名の公表を始めた2002年以降で最大規模な偽装事件である。

大分県も同日、不正にかかわったコメ卸業者高木商店(大分県杵築市)に改善指示を出している。

福岡県によるとハラグチは2009年3月~8月に産地や品種、収獲時期について法定検査を受けていない「未検査米」200トンと秋田県産あきたこまち10トンを玄米で購入。

高木商店にいったん販売して精米、袋詰めされたコメを買い戻し「岩手県産あきたこまち」と不正表示して小売店に販売した。

この事件は2009年8月、福岡県などの関係機関への情報提供によって発覚し、ハラグチは同権の調査に対して不正の事実を認めた。

関連記事

  1. 船場吉兆本店は産地偽装

  2. 「吉兆」菓子、偽装表示 福岡天神店 消費期限切れ販売

  3. ウナギ輸入元改ざん

  4. 三笠フーズが汚染米 積極的仕入れ

  5. 船場吉兆の若旦那が偽装を認めました!

  6. 石屋製菓の「白い恋人」賞味期限改ざん

ページ上部へ戻る