閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

食品偽装、九州が25,9%で最多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本農林規格(JAS)法違反で、2008年度中に国と都道府県が改善を指示・公表した事例
81件のうち、九州に本社をおく業者が25,9%の21件あり、全国9地区で最多でした。
都道府県別では、福岡県が10件で全国トップで、2位の大阪、千葉(各5件)を引き離して
います。

九州で食品偽装が多いことについて
①アサリやタケノコなどの食材の産地
②中国に近く輸入食品を扱う業者が多い
③汚染米不正転売事件の現場となった三笠フーズの工場が福岡県にあり、関心が高く
情報提供が増えたことなどが背景にあるようです。

81件は12月25日現在の数字で、07年の84件に迫る勢いです。
九州の内訳は、福岡10件、佐賀2件、長崎3件、熊本1件、大分3件、宮崎1件、鹿児島1件です。

JAS法では、違反業者の事業拠点が複数の都道府県にまたがる「広域業者」は国が、1県
だけの「県域業者」は都道府県が処分します。
九州の21件のうち広域業者は8件。
長崎県内の工場で中国産の冷凍野菜を国産と偽装していたキャセイ食品のように、九州に工場や協力業者がいた事例が別に4件あり、広域業者案件31件の約4割の12件が九州と関係がありました。

農水省が設置している「食品110番」への情報提供は、汚染米事件が発覚した9月5日以降
急増。
特に九州では、業者関係者から内部告発のような有力な疑義情報が多く寄せられ、偽装発覚に
結びついています。

関連記事

  1. 公益通報者保護法

  2. お歳暮カニ通販で騙されない方法

  3. 内部告発者保護制度

  4. 食品偽装表示Q&A

  5. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加

  6. ぺヤング販売再開

ページ上部へ戻る