閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

一色産うなぎ産地偽装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国産ウナギかば焼きの産地偽装事件で、中国産かば焼きを国産と偽って仲卸業者などに販売したとして、水産卸会社の魚秀社長、中谷彰宏容疑者ら5人が不正競争防止法違反(虚偽表示)罪で起訴されました。社長らは起訴事実を認めています。

兵庫、徳島県警合同捜査本部は、中谷被告らが、偽装した商品で不正な利益を得たとみて、詐欺容疑での立件に向けて捜査を継続。

ほかに起訴されたのは、魚秀福岡営業所所長、川上智行、マルハニチロホールディング子会社の神港魚類元課長、北本順一、高知県南国市の水産加工会社役員、横山圭一、高松市の水産卸会社元専務、稲山恵誉、の4被告。

中谷被告ら5人は今年2~4月、高松市内の倉庫で、中国産ウナギかば焼き約256トンを「愛知県三河一色産」と印刷された段ボール箱に詰め替えるなどして産地を偽装しました。
同3~6月、そのうち約15トンを神戸市内の仲卸業者など9社に販売しました。

北本被告は、6月の偽装発覚以来、一貫して関与を否定していましたが、調べに対して偽装は間違いなく、魚秀側から受け取った現金1千万円は偽装報酬だったと認めました。

魚秀が数年前から福岡市の業者を使って行っていた別の偽装についても認識していたといいます。

関連記事

  1. 船場吉兆 全贈答品、期限改ざんを認める

  2. あきれた丸明、営業自粛後も牛肉を出荷

  3. 船場吉兆 偽装

  4. 包装に偽の生産者写真

  5. 石屋製菓の「白い恋人」賞味期限改ざん

  6. 船場吉兆、1月中旬にも営業再開って?

ページ上部へ戻る