閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

日本マクドナルド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーストフード最大手の日本マクドナルドのフランチャイズ店が、賞味期限切れの食材を使用していたことが判明。このフランチャイズ店でも2年前からこのような偽装表示が繰り返されていたこともわかりました。

マクドナルド偽装表示

日本マクドナルドによると、調理日時改ざんや、賞味期限切れのシェイクミックスを使っていたとされるのは早稲田店、大塚駅前店、新大塚店、本郷三丁目店の 4店舗は、いずれも、フランチャイズ契約の店舗です。

マクドナルド偽装表示

マクドナルドは今回の「事件」を受け、この4店舗を直営で運営する事を決めました。

張替えはFC社員がアルバイト社員に指示しており、FC社員は毎日ではなく、ほんの数回しかしていないと釈明しています。ラベルを貼りケタ動機について「コスト面でのプレッシャーを感じていたと」と話しています。

店舗数が日本全国にたくさんあるだけに、この問題は用意に解決しないかも知れません。

関連記事

  1. 船場吉兆の若旦那が偽装を認めました!

  2. ブラジル産鶏肉を産地偽装

  3. 20年前から偽装常態化のミートホープ社

  4. 一連の問題は創業者一族にあるとして新社長に!

  5. 「吉兆」菓子、偽装表示 福岡天神店 消費期限切れ販売

  6. 船場吉兆 全贈答品、期限改ざんを認める

ページ上部へ戻る