閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

賞味期限と消費期限

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賞味期限と消費期限の違いについて

食品の表示はちょっとわかり難いのも消費者を混乱させる原因にもなりかねませんが、よく新聞などで報道される「賞味期限と消費期限」の違いについて、まとめてみます。

賞味期限とは

食品には、食品をおいしく食べられる期限の目安で、日本農林規格(JAS)法と食品衛生法に基づき、加工食品などに表示が義務づけられています。

弁当や生菓子、調理パンなどおおむね5日以内の短期間で傷みやすい食品は消費期限、スナック菓子や缶詰、乳製品など比較的劣化の遅い商品は賞味期限をつけます。

食品偽装 賞味期限

消費期限とは

消費期限は腐敗や劣化により安定性を欠く恐れのない期間を指すため、表示期限を過ぎた場合、食べない方が望ましいのです。

賞味期限は期待される品質の保持が十分に可能な期限で、期限後も品質が保持されていることもあり、すぐ食べられなくなるわけではありません。

消費期限はかつて品質保持期限とも記されていました。

食品偽装 消費期限

関連記事

  1. 神戸 中学校給食一時停止へ

  2. ぺヤング販売再開

  3. 内部告発者保護制度

  4. 公益通報者保護法

  5. 食品偽装、九州が25,9%で最多

  6. 食品偽装表示Q&A

ページ上部へ戻る