閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

偽装防止への取り組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業の偽装を防止するために農産物、畜産物に対し、国は市場での立ち入り調査を行うと共に、DNA検査などを行っています。

これと同時に、ブランド維持のため各都道府県に於いて産地表示の校正化も次のようなことが計られています。

DNA検査
農産物、畜産物にはDNAが存在する。産地や品種などにより若干の差違があるため、市場に於けるサンプル調査を行うことにより偽装されているか否か判別できる。

* 応用例
・牛肉、豚肉、アサリなど

表示方法の適正化指導
内容物に、一部の産地のものが少量しか無いにもかかわらず、その産地で生産された物で有るように見せかける行為を上記のDNA検査を含め指導、適正化を行う。

関係する機関は多方面にわたり、真珠に至っては税務署などが関与する。

* 応用例
・米、真珠、ヒノキなど

地域ブランド化による産地の固定化
生産から出荷までの工程にルールを設け、県などの地方自治体、漁協、農協などの各種団体の監視を行う。これにより生産された物に対し、証明書を発行する。

* 三重県-三重ブランド
* 香川県-Kブランド

認証マークの表示
上記と関連するが農協や漁協などが、その地域で生産されかつ一定の品質を確保したものに認証マークを表示する。

関連記事

  1. 偽装されやすい食品

  2. ウナギ偽装 強制捜査へ

  3. ウナギの産地偽装に口止め料1億円 魚秀が産地偽装

  4. 産地偽装の背景

ページ上部へ戻る