閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

プレナス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21都道県で弁当の「ほっかほっか亭」を展開するプレナス(福岡市)は2007年2月6日、13都道県の計182店で、社内基準で定めた消費期限を超過したサラダやミニうどんなどを販売していたと発表した。

プレナスが2007年1月26日から2月5日にかけて実施した自主調査で判明しました。

プレナスの内藤緑郎コミュニケーション室長は「深く反省している」と発表。

今後、各店舗への指導を徹底していく」と謝罪した上で、「健康上の問題はないと考えている」と報告しています。また、消費者からはこれまで体調不良などの報告はないという。

偽装の原因

 プレナスによると、社内基準でサラダやミニうどんの販売は、製造から8時間以内と規定しているが、サラダ類は通常、朝に調理し陳列。

昼のピークが過ぎた後に、余りは廃棄し、夕方に備え再度調理することになっている。

お店を担当する現場による馴れ合いが、こういう事件を招くことになるのではないでしょうか。

現場に任せるだけではなくて、こまめな作業管理とチェック体制を敷いて欲しいものです。

関連記事

  1. 汚染米を再転売!

  2. 包装に偽の生産者写真

  3. 日本マクドナルド

  4. 百貨店の食材偽装表示

  5. 福岡県でコメ産地偽装

  6. 比内鶏 偽装

ページ上部へ戻る