閉じる
閉じる
閉じる
  1. 廃棄カツ横流し
  2. マクドナルドのチキンマックナゲット偽装
  3. 中国の食品偽装
  4. お歳暮カニ通販で騙されない方法
  5. 神戸 中学校給食一時停止へ
  6. 神戸・中学校給食で異物混入86件
  7. ブラジルでも食品偽装!海外の食品偽装
  8. 他人の作ったおにぎりが食べられない小学生が増加
  9. ぺヤング販売再開
  10. 百貨店の食材偽装表示
閉じる

食品会社偽装の歴史

不二家賞味期限切れシュークリームなどを販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不二家偽装事件"株式会社不二家埼玉工場及び泉佐野工場で製造されたプリン及びシュークリームに、社内基準を1~2日超える消費期限を表示して、

・プリンについては、平成17年10月27日から平成18年12月25日までの間、約10万個を、
・シュークリームについては、平成17年7月10日及び11日、約1万9千個を、

計8回にわたって、埼玉県新座市の同社埼玉工場(写真)でシュークリームを製造する際に、消費期限が切れた牛乳を使用していました。

このことは、同年11月までに社内プロジェクトチームの調査によって判明していたが、不二家では「マスコミに知られたら雪印乳業(雪印集団食中毒事件)の二の舞になることは避けられない」と隠蔽(いんぺい)を指示する内部文書を配布するなどして、自らは公表しませんでした。

結局このことは、洋菓子需要の繁忙期であるクリスマス商戦を乗り切った後の2007年1月10日に、内部告発を受けた報道機関の手により公になリ、不二家の信頼を大きく傷つける事態になりました。

子ども達の信頼を失ったペコちゃん

1. 経過
1. (1)不二家埼玉工場(所在地:埼玉県新座市野火止4-19-21)で製造されたシュークリーム及び泉佐野工場(所在地:大阪府泉佐野市住吉町3番地)で製造されたシュークリーム及びプリンについて、JAS法第19条の13の規定により定められた加工食品品質表示基準の規定に違反する疑義が生じたことから、平成19年1月18日に、農林水産省及び独立行政法人農林水産消費技術センターが、不二家本社、埼玉工場及び泉佐野工場に立入検査を実施しました。

2. (2)この結果、不二家は、
* ア 埼玉工場において、泉佐野工場で製造し埼玉工場に配送されたプリン4種類に、社内基準を1日または2日超える消費期限を表示して、直営店及びフランチャイズ店等に出荷していたこと。

この行為は、埼玉工場において確認された平成17年10月27日から平成18年12月25日までの間、約10万個について行っていました。

* イ 埼玉工場と泉佐野工場は、シュークリームの生産ラインの保守・点検により生産が中止した場合に、相互補完のために補給することとしていたが、平成17年7月10日から11日の間、泉佐野工場は、社内基準を1日超える消費期限を表示したシュークリーム2種類約1万9千個を埼玉工場に製造補給したこと、一方、平成18年10月21日から23日の間、埼玉工場は社内基準を1日超える消費期限を表示したシュークリーム3種類約1万4千個を泉佐野工場に製造補給していたことを確認しました。

2. 措置
不二家の行為は、直ちにJAS法に違反するものではないが、自ら定めた基準を逸脱するという点において、食品製造に携わる者として極めて遺憾であるばかりでなく、消費者の食品表示に対する信頼を著しく損なうものであることから、農林水産省は今後、このようなことを引き起こすことのないよう厳重に注意を行いました。

農林水産省プレスリリースより一部を引用

営業を再開した株式会社不二家の概要

・東証1部 2211 1965年上場

・本社所在地 〒104-8181東京都中央区銀座七丁目2番17号

・設立 1938年6月30日

・業種 食料品

・事業内容 菓子食品の製造販売、および喫茶・食堂の経営

・代表者 桜井康文(代表取締役社長)

・資本金 63億1,722万円

・売上高 単体709億円、連結848億4,300万円(2006年3月期)

・総資産 491億1,100万円(2006年3月期)

・従業員数 単体1020人、連結1323名(2006年9月現在)

・決算期 3月末

・主要株主 日本生命保険相互会社(5.38%)

・森永製菓株式会社(3.97%)

・不二家不二栄会持株会(3.15%)

・創業者  藤井林右衛門

関連記事

  1. メラミン混入の丸大食品

  2. 石屋製菓の「白い恋人」賞味期限改ざん

  3. ブラジル産鶏肉を産地偽装

  4. 伊藤ハム工場水にシアン化物

  5. ホテルで食品偽装

  6. 船場吉兆 全贈答品、期限改ざんを認める

ページ上部へ戻る