<PR>役立つ資格がきっと見つかる!ユーキャンの資格専門サイトへ

牛肉偽装事件とは

牛肉偽装事件はどうして起こるのか?

牛肉偽装事件とは、2001年からBSE対策事業の一環として行われた国産牛肉買い取り事業を悪用し、複数の食肉卸業者が輸入牛肉を国産牛肉と偽り補助金を詐取した事件です。


ミートホープ社ひき肉偽装牛肉偽装に関してはこの他、販売店における産地偽装などが発覚し、食品表示への信頼性を失墜させました。


安易に生産者の損失補てんに走った国の行政対策の盲点をもついた悪質な犯罪ではあるが、飼料等の肉骨粉の混入というBSEの本質的原因を解明されることを恐れたJA等の圧力により、行政府が本質的解明に介入できなかった事に食品偽装最大の原因があります。


BSEの問題発覚以前より、海外と国内産の農畜産物の品質に照らしてもあまりにもかけ離れた価格差が、不正を招く大きな要因ともなっているようです。

BSE感染牛の発生後、牛肉価格の下落、消費者の牛肉離れが起き、消費者の不安を取除くため、全頭検査前の国産牛を国が買取り、焼却することになりました。
(写真はヤフーニュースより引用:60人の従業員に解雇通告 ミートホープ社)


食品偽装事件の歴史を振り返る


偽装事件
2001年9月10日国内で初のBSE感染牛が確認される
2001年10月18日牛の全頭検査開始
2001年10月国産牛肉買い取り事業始まる。
2002年1月23日雪印食品の牛肉偽装が発覚。
2002年4月25日買い取り牛肉の抽出検査を全箱検査に変更。
2002年4月30日雪印食品解散。
2002年5月18日雪印食品の役員逮捕。
2002年6月28日日本食品の牛肉偽装発覚。
2002年7月30日日本ハムが買い取り申請を取り下げた牛肉の無断焼却発覚。
2002年8月6日日本ハムの牛肉偽装・隠蔽発覚
2004年4月17日ハンナンの元会長など11人を詐欺の容疑で逮捕。
2004年5月7日ハンナン元会長を補助金適正化法違反ならびに証拠隠滅教唆の容疑で再逮捕
2004年6月18日大阪地検は、ハンナン元会長を補助金適正化法違反ならびに証拠隠滅教唆の容疑で追起訴。
2004年11月8日名古屋市内の牛肉卸社長など7人逮捕
2004年12月23日ハンナン元会長の保釈請求が通り保釈される。保釈金は、日本での史上最高額となる20億円。
2007年6月20日ミートホープの牛肉偽装発覚。
2007年7月26日給食に偽装牛肉 豪州産を国産-丸亀・三豊の業者
2007年8月15日石屋製菓「白い恋人」賞味期限改ざん 
2007年10月12日お伊勢さん名物菓子「赤福」 34年間も消費期限不正表示 
2007年10月22日「安すぎる」うわさ絶えず 偽比内地鶏 
2007年10月29日「吉兆」菓子、偽装表示 福岡天神店 消費期限切れ販売 



プライバシーポリシー