閉じる
閉じる
閉じる
  1. ぺヤング販売再開
  2. 百貨店の食材偽装表示
  3. 食品偽装表示Q&A
  4. ホテルで食品偽装
  5. 「焼肉酒家えびす」生肉食中毒で一斉捜索
  6. ウナギ輸入元改ざん
  7. 牛肉偽装事件とは
  8. 偽装を防止するには
  9. 口蹄疫問題で、鳩山首相が種牛49等処分を了承
  10. 口蹄疫の感染被害に焦燥する宮崎県、東国原知事
閉じる

食品会社偽装の歴史

私たちの安全を守るためには、食品会社の偽装を見逃していけません。食品会社偽装の歴史を終焉させましょう

ぺヤングの焼きそばに虫が混入し、製造販売が中止されていた「まるか食品」が半年ぶりにぺヤングソース焼きそばの販売を再開しました。工場内は、床を張りかえたり、異物混入を発見しやすいようにカメラを設置するなどの努力をしています。…

有名ホテルに続き、有名百貨店での食材偽装表示が発覚。新宿伊勢丹や日本橋三越など9施設のレストランの一部でメニュー表示と異なる食材を使って料理を提供していました。バナメイエビを芝えびとしたり、モンブランケーキのくりを欧州産としていなが…

有名ホテルや、百貨店などで食材や食品の虚偽表示問題が広がっています。事実と異なる表示の内容もさまざま。こうした問題は、表示をめぐる規制の違反だけでなく、契約や経営上の責任も生じます。企業はどのような法的責任を問われるのか?Q…

2013年10月22日に、阪急阪神ホテルズで運営する4都府県のホテルやレストランで、メニューに「鮮魚のムニエル」と書かれているものに、実際は冷凍した魚を使うなど表示と異なる食材を使用してお客に料理を提供していたことが判明。(写真…

焼肉チェーン店「焼肉酒家えびす」で、発生した手段中毒で、富山、福井両県警の合同捜査本部は5月6日、業務上過失致死容疑で、チェーンを運営する金沢市の「フーズ・フォーラス」本社や富山、福井県の店舗、ユッケ用の生肉を降ろしていた納入業者「大和屋商…

中国産冷凍ウナギの輸入元をイトーヨーカ堂から別の会社に改ざんして転売したとして食品衛生法違反(偽装表示)の疑いで、イトーヨーカ堂の元食品海外担当マネージャー・石原荘太郎容疑者や現役の食品海外担当社員・大嶋由紀容疑者ら6人が逮捕されました。…

牛肉偽装事件とは、2001年からBSE対策事業の一環として行われた国産牛肉買い取り事業を悪用し、複数の食肉卸業者が輸入牛肉を国産牛肉と偽り補助金を詐取した事件です。牛肉偽装に関してはこの他、販売店における産地偽装などが発覚し、食…

食品の偽装表示が起こった背景にはBSE(牛海綿状脳症)による食肉業界の不振があげられますが、不正が発覚した事業者の中には偽装はミートホープのように20年以上も続いていたなどと供述しているものもありました。産地など消費者に是非がわ…

宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫」が拡大している問題で、現地対策本部長の山田正彦農水副大臣は2010年5月24日、宮崎県が殺処分しないよう求めている種牛49頭について、鳩山由紀夫首相から殺処分の了承を得たことを明らかにしました。種…

口蹄疫、11万頭超殺処分へ 宮崎知事が非常事態宣言 予防的な全頭処分も 農林水産省は2010年5月18日、宮崎県新富町の農家など県内計15カ所で新たに口蹄疫感染の疑いがある牛と豚が確認されたと発表した。同町での感染疑い例は初めて…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る