東京常勤看護師の求人紹介が多い転職支援会社




看護師転職支援会社のデメリット

転職支援会社にはデメリットもあります。
メリットがあればデメリットがあることは当然ですが、転職支援会社を利用する際は以下のようなデメリットがあることを理解しておきましょう。

  • キャリアアドバイザーに当たり外れがある
  • 転職を急かされる

詳しくみていきましょう。

キャリアアドバイザーに当たり外れがある

転職支援会社を利用する場合、キャリアアドバイザーを通して転職活動を行うため、キャリアアドバイザーの能力があなたの転職活動を左右する面もあります。

親身になって対応してくれるキャリアアドバイザーにめぐり合えればよいのですが、なかには「専門的な知識に乏しいアドバイザー」や「アドバイスをあまりしてくれず求人だけをすすめてくる」、「態度があまり良くない」などといったアドバイザーもいるようです。
もちろんこういった非常識なアドバイザー以外にも、「普通のアドバイザーなんだけど単純にあなたと意思疎通があまり上手くとれない(あなたと合わない)」といったアドバイザーもいるでしょう。

そういった場合はすぐにでもアドバイザーを変えてもらうように転職支援会社に伝えましょう。
キャリアアドバイザーが良くなければ、あなたにとって良い転職が行えません。
それほどキャリアアドバイザーは転職をする上で大切ですので、複数の転職支援会社に登録するなどして、キャリアアドバイザー選びにはこだわりましょう。

主に以下のような項目にあたるキャリアアドバイザーの場合は、他のキャリアアドバイザーに変えてもらうことをおすすめします。

  • 求人先の求める人材を言わない(企業の内部情報をあまり知らない)
  • あまりあなたにアドバイスをしてくれない、求人を紹介するだけ
  • 連絡してくるのが遅い
  • 業界の知識が乏しい

転職を急かされる

転職支援会社の中には、「あなたの希望とは異なる求人を紹介してきて面接を強要する」「あなたの相談にもあまり乗ってくれず求人だけを紹介してくる」「年収や勤務条件などが異なっている」といった転職支援会社も存在します。

面接を強要したり、アドバイスなどが何もなく求人のみを紹介してくる転職支援会社は、あなたの転職活動ことなどあまり考えていないようなものなので、すぐにでも別の転職支援会社を利用されることをおすすめします。

また病院や施設などへのヒアリングが足りておらず、給与条件や勤務条件などで誤った掲載をしている転職支援会社もあるようです。
これは転職支援会社だけではなくハローワークなどでも起こることです。

入社した後に「話が違う!」となっては大変ですので、内定を受諾する前に必ず自分で給与や勤務条件については確認しておくようにしましょう。

当サイトでは、このようなトラブルを起こさないしっかりとした実績のある転職支援会社を紹介していますので、転職支援会社をお探しの際はぜひ参考にしてみてください。

おすすめ転職支援会社


同ジャンル関連ページ